O TSU MA MI ?

315

315

相方もがんばった。

1日目、歩き回り、疲れ果てた私達は、
甘いものと辛いものとシャンパンを
一度に取りたくなった。
ルームメニューを見ながら、
メニューを決める。

電話を取り、注文をする相方。

電話の相手は英語で話しかけてきた。

ちなみにウェスティン朝鮮、
日本語の出来る人もいるが、
英語の得意な人の方が多い様子。

そこで英語で話しかける。

チーズケーキ、
シャンパン、
アンド
おつまみ

言い終えれば、少し顔色が曇っている。

チーズケーキ、
シャンパン、
アンド
おつまみ

もう一度言うも、更に戸惑いの表情。
どうも「おつまみ」が通じていないらしい。
しかし私達が見ているメニューには、
日本語と韓国語の表記しかなく、
そこにはちゃんと「おつまみの盛り合わせ」と書いてあるのだ。
相手がいくら英語なれど、こちとら「おつまみ」は通じると思い込んでいる。

お~つ~ま~み

ゆっくり言ってみる。

通じない。

電話の向こうから「ソーリー、サー。パードン?」と聞こえる。

O TSU MA MI

工夫を凝らして英語風に言ってみる。

通じない。

電話の向こうからため息が聞こえたそうだ。
追い込まれた相方、
しかしかなり面白いことになっており、
横で大爆笑している薄情な西郷。

おぅつまみっ

駄目だ…

お・つまみ

ぜんっぜんだ…

うぉつぅまぁみぃ

もうおつまみ諦めようか…

現場はこう着状態。
困り果てれば、相手が何やら言っている。
ページを戻ってと言っているらしい。
ページを戻してみれば、
日本語韓国語と同内容の英語韓国語ページ。
そこからおつまみと同じ内容のページを探して、読んで。
こういうお願い。

おぉそういうことだったのか!

ドライフルーツ、ナッツ、アンドスナックアソーテッド。

これがおつまみの英語バージョンだと気づき、再注文。
電話の相手もやっと理解できたようで、無事運ばれる。
しかし相方の顔には疲労困憊と書いてあった。
人生で「おつまみ」をこんなに言う日が来るとは、と。

そして私はおなかの顔がよじれるぐらいに笑い倒し、逆に疲れたのである。

おつまみ

おつまみ

お~つ~ま~みぃ~~~。

夢に出そうなくらいに。

Posted by315

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply