FC2ブログ

食いすぎ番長、3ヶ月のお預けを食らう

315

315

オラットのパンが美味しいらしい。

そんな噂を聞きつけ、
韋駄天のごときスピードで
ネットを検索。

しまった!

東京のパン屋じゃねぇ!

パンはやっぱり出来立てを狙いたい。
そんな西郷はパンのお取り寄せをしたことがなかった。
冷凍で来るのか、冷蔵で来るのか、
届いたときのパンの状態は?
そんな食いすぎ故の心配事が重なって、
お取り寄せには至らなかったのだ。

しかし噂を確認するためには、
食べてみなけりゃ始まらない。


かなり大袈裟なテンションで覚悟を決め、注文。

2008年12月1日のことだった。



そしてそのパンが今日届いた。

実に3か月のお預け。


注文後、オーダーが殺到しているとのことで、
西郷の手に届くのは3月上旬というメールが届いていた。
なるほど美味しいという噂に比例するエピソード。
お預けをされると、
余計に食べたさが増すけれど、
ここはひとつ、
じっくり待とうじゃないか。
待って、待っての3か月。

やっと届いた。





焼いた次の日に届くためか、常温。

箱を開けると、ふわ?っとパンの香り。

矢も盾もたまらず、注文した全種類を食べる。



クロワッサン、
フリルのようなしっかりとした層を纏っている。
食べてみれば、力強い。
クロワッサンって食べると、
もろもろっと皮が崩れることが多いけど、
オラットのクロワッサンは壊れない。
しかも噛んだときに
バターの味と香ばしい小麦の匂いと甘みが
口いっぱいに広がる。
さすがにサクサク感は薄れているけれど、
噛めば噛むほど風味が増してきて、
本当に美味しいのだ。



ラウンド食パン、黒豆とメープル。

メープル、袋の口を開けると
メープルの匂いが飛び出してくる。
こんにちは、私、メープルパン!!
パンがそう喋りかけてきている、
そんな妄想を抱くほどの甘い匂い。
これは少し焼いたほうが
もっと美味しくなりそうだと思って、
オーブンで焼いて食べた。
生地に練りこまれたメープル、
この子に熱が加わることで、
パンはさくっと、メープルはとろっとなり、
はぁぁぁぁ言葉がない。



黒豆、逆にさくっとしたパンに
食感のある黒豆が相まって、
食べ応えのある一品。
これは食事パンとしてもイケる!
待たされることで期待が高まる分、
味へのハードルは上がっていた。
だから届いた時は
期待半分、不安も半分。
もし美味しくなかったら…ってなことも考えるしね。
しかしこれは待つ価値あった。
お預け期間の期待を
裏切らない味のラ・フィエスタ。

こんな朝食を食べた日にゃ、一日が幸せな気分。

食がもたらす幸せってやっぱり大きい。



店主さんの手書き!メッセージ。
嬉しい心づかい。

その心、頂きましたぞ!!

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply