未だ道の途中

315

315




日本代表がワールドカップ出場を決めた。

とても嬉しい、でもね。

この代表はこれまでの中で一番悩ましく、
未だに私を悩ませている。
代表に抱く中途半端感。
勝っても負けても
なんだかすっきりしない。
これが未だに拭えない。
強くなっているのだろうか。
監督、選手はもちろん勝つためにやってる。
それは疑わない。
でも何でだろう。
伝わってこない。
結果以外のもの。
このチームを応援したくなる同じ気。

ウズベキスタン戦。

憲剛→岡崎の1点。

弾かれても押し込みに行く。
岡崎の気合が感じられて、
かなり上がった。
泥臭いけれど、
ああいうプレーは
応援し甲斐がある。
同じく選手の中には
いつも前に!を感じる選手もいるけど、
全員がそうなのかと言えば、
そうは思えない選手もいて、
チームとして
信頼しきれないのだ。

そんな思いを抱えつつ読んだ、
このインタビュー記事。

ちょっと泣けた。

岡ちゃんの大変さとサポとしての自分の想いがシンクロして。

オシムが病に倒れ、
上向きかけつつ、
まだ開花しきれぬも、
期待感はあった代表を引き受け、
ここまで持ってきた岡ちゃん。
結果は出しているのに、
どっか応援しきれなかった。
それは戦術の変化か、
それに伴う選手の変化か、
総合的なものなのか、
チームとしてのテンションが
下がっているように見えたからだ。

応援すべき代表?

信頼できる代表?

まだ少し思うよ。

でも岡ちゃんは
チームの進化を断言している。
騙されちゃうかもしれないけど、
本選での戦いは
楽観視できないけど、
一歩一歩すぎて、
間に合うのか、
どこがマックスなのか、
まだ分からないけど、
やっぱり信じることしかできないもんね。
応援し続けることしか。

まだほんの4回。

日本代表にはまだ4回しか歴史のないワールドカップ。

これを更新し続けるための今を、
忘れられない時間を共有するための道を、
どんな想いをしても
やっぱり一緒に過ごしたい。
声を送り続けたい。

がんばれ!

サッカー日本代表!!

Posted by315

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply