舞台「髑髏城の七人~Season風~」

315

315

main_kaze02.jpg

髑髏城の七人コンプリート大作戦、風。

松山ケンイチ、最高の捨之介かも。

ベースはアオドクロの市川染五郎かな。

とにかく松ケンは歌舞いてる、歌舞いてる。
立ち回りは流れるようであり
アクロバティックであり
立ち姿の色っぽいこと。
捨之介としては
花、鳥よりも
チャラくて
涙もろい人情派の捨之介。

天魔王としてはバテレンの空気を纏い
横暴非道冷酷で妖と言うより
極悪人の風情で憎たらしく。

これ二役を松山ケンイチが演じているのですが
あれ?いつの間に入れ替わった?という早変わりも。

獅子奮闘の風チーム。

向井理は無界屋蘭兵衛。


トイレタイムに回りが
早乙女太一に変えてとか
早乙女太一が良かったとか
熱心な議論が聞こえましたが
向井君の蘭兵衛も悪くないでしょと
心の中で反論してみたくらい
憂いと後悔に満ちた非業の武士
影を感じる演技は良いのではと。

台詞回しが舞台舞台していないから
そこが好き嫌い別れる部分なのかな。


顔の小ささが想像以上で
劇中でもそれを
橋本じゅんが
イジり倒すというのもあり。

田中麗奈演じる極楽太夫。

声がすごく綺麗に通るので
めちゃくちゃいいんですね。
色気や女っぷりは足りずとも
小悪魔的な美しさは
素晴らしい個性として
かなり印象に残りました。

橋本じゅんは贋鉄斎。
生瀬勝久は狸穴二郎衛門。
山内圭哉は兵庫。


このベテラン勢は自由。

花、鳥でもベテラン勢の自由さが
その舞台の面白さに彩りを添える形で
記憶に残っていましたが
今回山内さんはオタダンス含めかき回し
橋本さんは性別さえ怪しい放送コードギリギリ
生瀬さんは全員のツッコミ役という役割で
アドリブと思しき山内さんの場面で
毎日毎日変えなくていいんだよ!とか
上手にフォローしていたのが印象的。

贋鉄斎と捨之介。

この二人の場面は見どころのひとつ。
設定と終わりだけが決まっていて
ほぼアドリブで進行される場面です。

これまで二回もかなり面白かったのですが
昨日は「猿之助さん、頑張って!」と
二人で踊りをそろえて観客を沸かせる所に
舞台への愛や楽しさが伝わって来て
温かい拍手が起こっていました。

沙霧、岸井ゆきの。

物語のキーになる役です。
花での清野菜名が素晴らしかったので
印象として彼女を超えるほどではなかったけど
それでも大物に負けない堂々とした振る舞いは
なんのなんの大物誕生の予感です。

あ~舞台はやっぱり生が楽しい!

髑髏城の七人

台詞や設定は同じでも演者や演出が変わると
こうまで違うかと言う試みを見られる。
好奇心を感動に変えてくれる
間違いない舞台です。

月チームも11月発進。

福士蒼汰と宮野真守が座長の2チーム制。

福士蒼汰は舞台初出演とか。


舞台初出演であの舞台をどうこなすのか
見てみたい気持ちはあるのですが
宮野真守一択で行くか否か。
月チームの見どころは極楽太夫。
いよいよ高田聖子、羽野晶紀の出陣。
宮野チームは羽野晶紀なんです。

初代極楽太夫が戻ってくる。

Original GOKURAKU-TAYU will be back!!!!!


あ~まだ悩む。

月の後には、極もあるし。

諭吉と英世が出ていくけどライフワーク。

ケチってる場合じゃあねえってことよ!

風

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply