Fujirock 2009

315

315

フジロック!!

今年も参加してきました!!


たくさんの音楽、
雄大な自然、
集まった人達の顔、顔、顔、
花が咲いたようなテントエリア、
美味しい匂いが24時間、
会場全体に流れる空気。
その全てが普段の生活では得られないもの。
言葉では上手く表せないけれど、
会場を歩いているだけで、
楽しくなって、
スキップしちゃいたくなる。



フジロックで雨。

これはそんなに珍しいことじゃなく、
これまでもざんざん降りの中、
ライブを見たこともある。
山の天気。
なめちゃだめ。
西郷は雨合羽を来て、参戦!



うつむきがちに歩く参加者を
励ましているかのようなロックうさぎ。



会場もこんな感じ。

雨合羽がカラフル。
初日の金曜日、平日で雨、
こんな悪条件ながら、
かなりの人出です。

スカパラでフェスはじめ。



疲れたら、オアシスでおにぎり。

参加したら必ず食べに行くパエリア、
そしてフィッシュ&チップスも食べたけれど、
今年はここのおにぎりが美味しくて、
3日間のうち2日間通いました。

やっぱり新潟の炊きたてお米は美味しい。
山下清気分も味わう。

んまいんだな。



3日目の晴れ間。

乗ったことのなかった
ドラゴンドラに乗りました。




乗り場までは修行のよう。
チーズ転がし祭りも真っ青の傾斜。
ここをふ?ふ?言いながら上がるも、
足が言うことをきかなくなり、
かなり切ない気持ちに襲われる。



どうにかこうにかたどり着き、乗り場へ。
ドラゴンドラの片道は約20分。
上がったり、降りたりの角度が急で
スペースマウンテン的な感じも少し。
眼下にフェスの全容が見え、
山々、たくさんの木、きれいな湖。
ものすごく楽しめるゴンドラ。
進行方向の座席に座るのがオススメ!



西郷も立ち上がって、景色を堪能。
すれ違うゴンドラと手を振りあったり、
声を掛け合ったりするのも楽しみのひとつ。



ゴンドラの終点はDAYDREAMと名付けられた山頂。
ハウスが流れていてレイブなエリアもあり、
幸せの鐘を鳴らす恋人たちもいたり、
駄菓子屋さんが出ていたり、
下界のフェスとはまた趣の違うピースフルワールド。



パンダさんもうろついてたりする。
西郷も嬉しくなって、
一緒に写真を撮る。



踊るライオンさんもいる。
嬉しくなったので、
ダンスバトルを挑む。



ダンス!ダンス!ダンス!
西郷の繰り出すダンスに
どこまでも付いてくるライオンさん。



負けず嫌いなライオンさん。
ダンスバトルは
ヒートアップしたけれど、
暑さで疲れてきたので、

ハグして終了。
しかし西郷以外にも
ダンスを挑む人達が続出。
ライオンさんは
一生懸命ダンスしていたけど、
ついに…



目頭を押さえて、
座り込み、
ビスマルクポーズ。
疲れたよね。
暑いもんね。

こんなこともあったフジロック。

一番良かったパフォーマンスは
ポールウェラー。
大雨の中、
アグレッシブなライブを展開し、
ジャム、スタカンの曲までやって、
ファンとしてはたまらん内容。
清志郎トリビュートバンドも
彼がたくさんの人に
愛されていたことが伝わるあたたかい内容。
そして最後の最後。
彼が伝え続けたメッセージが、
OH!ラジオに乗って聞こえてきたときは、
心からの涙がこぼれた。

彼のメッセージ。

21世紀になって
戦争は終わらなかったけど、
平和でもないけど、
辛い思いをしている人達が、
まだこの世の中にいるけど、

でも

愛し合ってるか?い!!



ピース!!

ピース!!

ピース!!




この世に音楽と愛がある限り、
このフェスはきっと続いていく。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply