FC2ブログ

食いすぎ番長の美食行脚、未だ旅の途中なり

315

315

南青山にある老舗フレンチ「FEU」のシェフソムリエIさんから連絡を頂く。

この度、30周年を迎えるFEUのイベントお知らせ。

最後に伺ったのが、ちょうど1年前。

ドイツW杯のときに知り合った友達と
みんなで集まりたいねぇなんて企画をして、
企画開催地となった東京班の西郷が
Iさんやシェフの松本さんにご協力を仰ぎ、
素敵なフレンチの夕べを開催したのです。

それがまさに1年前ぐらい。

少し御無沙汰をしていたところでした。

ある年齢に差し掛かったある日。

この先の人生、
美味しいものを食べ続けて生きることは出来るのか。
そう、ふと、そしてはたっと思いました。
それは安くても高くても
自分が美味しいものだと思えれば、
80円のうどんでも
3万円のフレンチでもいいんです。
自分の美味しいものレーダーに従って、歩く。
人生は一度きり。
人との出逢いのように、
美味しいものに出逢いたい。
食事にそんなお金を使うなんて!
そう思われる方もいるでしょうけれど、
美味しいものを食べるのは西郷の趣味。
人様と価値観は違ってもいいのです。

私の人生は私の満足度が大事です。

そんなこんなで御無沙汰をしていた1年も美味しいもの行脚は続き。

robusyon1.jpg

3月ぐらいに行ったロブション。

この甲殻類のジュレは
行くたびに食べるんだけど、
さすがこのお店を代表する料理。
まるで芸術品のようなルックスと
食べてなお「ワンモア!」と言いたくなる後引く美味しさで。

robusyon2.jpg

同じくロブションの小菓子キャンディ。
思わず微笑んでしまう可愛らしさ。
ロブションはサービス料に見合う
本気のサービス&洗練度。
いつ行っても気持ちが良くて、
最高のお客様気分を味わえます。
高いけど、たまにいくならこんな店。

今年2回訪れたのは富士屋ホテル「ザ・フジヤ」

ここのお目当てはカレー伝説。
西郷はこれに尽きる。

P1160949.jpg

この時は伊勢エビカレー。
注文してから卸したというエビさんがぷりぷりのこしこし。
海の恵みを有難くいただきました。

P1180279.jpg

この時はカレー伝説海鮮。
西郷の定番はこれ。
ほんといつ行っても笑顔を引き出してくれるつわもの。

P1180280.jpg

これも毎度毎度追加料金を払ってでも頼むエンゼル。
ケーキの名前がエンゼル。
このバタークリームに包まれて眠りたい。
甘さと塩の加減が絶妙で、潜在能力高すぎの品。
食べたことない人には絶対食べてみてほしいケーキ。

銀座「ベージュ」は駄目だった。

破壊的にサービスがNG。

NGな食べ物を聞いておいて料理に入ってる。
オーダーを聞き直す、
聞き直したうえ、料理を置き間違う。
この日に限っては、
サービス料を取れないレベル。
また行く機会があればいいのですが…(笑)

渋谷「C'EST BON PLAGE」ガレット屋。

garetto.jpg

ガレットは美味しいけど、
ちょっと味が濃いかな~。
おなかが空いてたら、
ぱくりと食べられちゃうけど
おやつ時間に行ったので、
ややトゥーマッチ感。

chin.jpg

赤坂「陳麻婆豆腐」

辛さと美味しさのインパクト。
ときどきものすごく食べたくなって、食べに行っちゃう。

浅草「レストラン大宮」

asakusa20.jpg

初鰹のカルパッチョ。

asakusa17.jpg

メインの帆立貝柱フライ。

asakusa16.jpg

上品な衣と薄めに切られた貝柱。
しっかり揚がっているのかと思いきや、
意外とレアな状態で噛めば海の香り。
それが個性的なサウザンアイランド風のドレッシングに絡み、
ご飯と言うよりお酒が進む感じ。
見た目よりもしっかりとした味付け。

asakusa18.jpg

レストラン大宮のクリームブリュレ。
これは最高の出来。
クリームがなめらか~で、
表面のカラメルをスプーンで壊し、
堅いのと滑らかなのとのハーモニー。
幸せすぎて、まほ~って感じです☆

最近のヒットは表参道の「VILLA」

イタリアンだけど、ちょっとフュージョンぽくもあり。

villa3.jpg

気に入ったのは意外とアンティパストの
ミニトマトと小エビのブルスケッタ。

villa2.jpg

サザエの香草バター焼き。

villa1.jpg

ここは料理の出来がいいうえ、
コストパフォーマンスもいいです。
表参道とは言え、少し裏なので、
落ち着いた雰囲気だし。

あと神泉のイタリアン「Miotesoro」は期待大。

ここのシェフは食材愛がすごい。
厨房張り付きで見ていたら、
食材の扱いが丁寧で、食材は美しく扱われ、
料理を出すタイミング順に
食材がバットに入って並んでいるんだけど
まぁその食材の新鮮さったら。
素人が見てもこれはいいものだと分かるぐらい。

100618_203817.jpg

鮎と夏野菜の炭火焼ジェノヴェーゼ添え。

あとはアクアパッツアのスープを使って
リゾットを作ってくれるんだけど
これがもうもうもうもう!

おいひ~~~~❤

3人で分けて食べようとしたものの、
あまりに私が美味しがるので、
2人の分もほぼ西郷が強奪(笑)

ぐらいの美味しさ。

小さいお店だけど、
雰囲気良くまとめられ、
シェフもいい人だし、
ワインのセレクトも的確。

ここはまた行っちゃうと思います。

さぁそんなこんなであっちゃこっちゃへ美味しいもの行脚。

食いすぎ番長はまだまだ旅の途中。

今週末はその修行の過程を持って、FEUへお邪魔しようと思います。

昨日は電話で、
今日には案内の届く速さも素晴らしく。
案内を見れば、
シェフ渾身のメニューが並び、
西郷の想像力をかきたててやみません。
ワインもIさん渾身のセレクトなご様子。

30周年を心からお祝いしつつ、お料理もワインも堪能したいと思います。

あ、去年一緒に行った友達の近況報告も兼ねてね。


100620_171227.jpg
Posted by315

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply