On Her Majesty’s Secret Travel

315

315

香港旅行を思いついたのは、初夏。

今年66歳になる母の誕生日に、
何か大きな贈り物がしたくてね。

西郷は忙しい&自分のこと
ばかりで、
これといった親孝行も出来ず、
また母はそんな西郷さえ見守ってくれ、
好き勝手にやらせてくれる。
母が気丈でいてくれることに
西郷は守られている気がする。

手に職を持ち、働き者。
朝8時からお店に立って、
夜8時まで仕事。
仕事が終わったら、
趣味の踊りに行って、
おしゃべりが好きで、
たくさんの友人に囲まれ、
楽しく人生を送っている。
西郷にとってただ一人の師匠であり、
尊敬し、なんの利害も関係無く、
愛することができる家族のトップ。
マイボス、マイヒロイン。

でもある日ふと母の姿を見て、
お母さん、なんか小さくなったな…
頑張って気丈に振舞ってるのかな…

そう感じたんだよね。

賑やかな母だけれど、
西郷達娘3人は
田舎を離れているから、
部屋に帰れば一人。
淋しいと思うこともあるでしょう。
老人問題、介護問題を読むたびに、
決して他人ごとではないと思うこの頃。
西郷は好き勝手させてもらってばかりだったけど、
母が生きているうちに娘として出来ることは
出来るだけやっておかなきゃと思ったことが、
この旅行を決めた
きっかけ。

ストレスメーターは降りきれているけど、
そのおかげで貯まった旅行資金を元手に。

今回の旅行のテーマ。

母にとびきりの贅沢旅行を!!

ハードルは自分で上げてみた。
貯金が減っても構わない。
家族のためだもの。
妹も誘って、
もう一人の妹夫婦が住む香港へ。

結果、個人的には史上最高レベルの出資と相成るのである☆

いろ?んな意味でな。

この旅行。

史上最悪のオチが待っていることを、
西郷はまだ気付いていない。

Posted by315

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply