ワールドカップ便りFinal ~また逢う日まで~

315

315

1時間ほどかけて書いた日記が消失にて撃沈す。



試合後、泣きっ面の私が大盛り上がりの電車に入ると輪の中にいたおっちゃんと目が合う。私の泣きっ面に気がついたおっちゃんは慌てて「ほれラバーブレスあげるよ、ユニフォームも帽子もあげるよ!」と懸命に慰めてくれるのだ。仲間のブラジル人の人達も不甲斐なかった日本代表に健闘の拍手をくれ、「ジーコだけとはやりたくなかったよ…」と多勢に2名の日本人のために優しい言葉をかけ続けてくれた。汗臭いながらも温かかったおっちゃんのユニフォーム。電車を降りるときにおっちゃん「2010年もあるよ、2010年にまた逢おう!」と、そして「アディオス、アミーゴ!!」と。



なんと美しいお別れか。

出逢い運だけは本当にあったこの旅も明日で終わり。

まず日本に帰ってすることは、4年後の貯金をはじめること。

これ、マスト。

 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply