FC2ブログ

避妊手術後、4日目 松子と9・11を鑑賞

315

315

-
桃が2回、吐く。

少し黄色い粘り気のある唾液。処方されているお薬が合わないのかと心配になったので、病院に問い合わせると「食事の量が足りていないかもしれないので、食事の量を増やしてみて下さい。」とのこと。特に辛そうな様子もなく、元気ではあったので、少し早い時間だったものの食事を出してやると、即完食。おなかが空いて、胃液を吐いたというのが嘔吐の原因だったみたい。手術前と同じ食事の量ではあったが、手術で体力を使っているのか、体が治癒していくのにエネルギーを必要としているのであろう。夜から食事の量を増やすことにした。う○ちは相変わらず、難便続きで辛そうにしている。1回で出ないので、部屋中を歩き回る。トイレに行くものの、タイミングが合わないとトイレ以外のところで踏ん張ってしまうので、掃除をする回数も増える。

とりあえず、抗生物質のお薬は明日まで。
週明けからは散歩も復活してあげよう。
私も夜明けまで桃の様子を見ているので、不眠気味だが、あともう少し。
桃のためにも頑張らないと!!

今日は借りてきたDVDを見た。

嫌われ松子とワールドトレードセンター。

嫌われ松子は映像表現が新しく、美しく、下手すると映像のインパクトに引っ張られておしまい…なんてことに、なっちまったらどうしようと思ってみていたが、ストーリーに一貫しているただ愛されるためだけに人生を選ぶ松子の濃すぎる生き様に映像が見事にリンク!素晴らしい作品であった。愛されるためなら、何だって、何者にだってなるという気持ちが切なく悲しい。そして裏切られ続けた後にたどり着く無常の景色、ちょっと自分に重なるところもあったりして、不覚にも泣けてしまったりもして。唯一、文句があるとするなら、中谷美紀の出し惜しみ。演出の意図か、中谷の我侭かまったく予想はつかないけれども、たびたびある濡れ場で中谷が乳も尻も見せないのは、リアリティに欠けているような…100%個人的な感想なのだが、松子という女性を考えた時に、無駄にいろんなものをさらけ出しては男性に逃げられてしまう不器用さを感じるので、そこはもうバシッと脱いでくれたほうがもっとストーリーに入り込めたような気はしている。中谷の演技はそらもう素晴らしかっただけに、唯一、ただ唯一、それだけが気にかかる。

ワールドトレードセンター。

二度と繰り返されてはいけない出来事、9・11。2700名以上の尊い命が亡くなり、助かったのはたったの20名だったと言う。その18番目、19番目に助かった2名の男性を描いたのがこの作品だ。この2人は救助隊。助けに行ったビルの間で、二次災害に遭い、コンクリートの粉塵と壊れたビルの破片に押しつぶされてしまうのだ。いくつも聞こえていた声がひとつ、またひとつ消えていく中で生きる希望を持ち続けた2人の記録。亡くなった人の多さを思うと、この2人だけをクローズアップしすぎているような気もするが、それでも生き残った彼らの志はメッセージとして伝わってくる。この事件が起こったときに「彼女は僕の太陽なんだ。」と、満面の笑顔で笑う奥さんの写真を持って涙を流すメキシコ人の男性がニュースに出ていた。そして「僕が彼女を見つけてあげるんだ。」と、自分に言い聞かせるようにカメラの前から去っていった。彼のその姿に、私は訳もなく、泣けて仕方なかったことを覚えている。この映画を見ながら思い出したのは、その彼と奥さんのこと。どこかで2人幸せに暮らしていてほしい、そんなことを思った。
Posted by315