FC2ブログ

週2のプラン9、「功夫ジョン」は会心作☆

315

315

-

4月29日はルミネの「ネタの祭典」

陣内くん・プラン9・レギュラー・友近・バッファロー吾郎・中川家・インパルス・森三中・ニブンノゴ!・レイザーラモン・トータルテンボス。かなり豪華な面子を揃えたこのイベント、お目当てはもちろんバッファロー吾郎とプラン9なのだが、一番面白かったのはトータルテンボスでフィックス。

4月29日の備忘録。

陣内くん、労力の割には笑いが届かない感じ。レギュラー、舞台なれしている客いじり。テレビで出来ないネタは面白い。友近、面白いのに、笑いきれない。ネタが消化不良気味?バッファロー吾郎、私には面白いが、そこはかとなく漂うアウェーな雰囲気は何だ?そして、竹若さんは永遠のマイヒーロー。中川家、ベテラン風情。だらだら喋っているかと思いきや、ちょこちょこ力技を入れてくる業師。インパルス。決まったことをやってる感じ。面白いと言えば面白いんだけど、特にそれ以上の感情は沸かず。森三中。お疲れのご様子。黒沢さんの歌は面白かったけど、喋りは普通。ニブンノゴ!、ネタも良かったし、テンポも上がり気味で最後まできっちり面白かった。レイザーラモン、呆れるほどにくだらない。しかしそのくだらなさ加減が逆に笑いを誘う、よく考えたらもうちょっと頑張れスパイラル。トータルテンボス、2人の喋りのテンポが気持ちがいいし、アフロが繰り出すボケのような突っ込みが絶品。ネタも新しいし、2人とも斬れてる。プラン9、浅草での残念な舞台を見た後だからということは置いといても、面白かった。演者のテンションとネタが相れば無敵なのだと言うことを彼らは体現している。いいときは凄くいいし、駄目なときはぜんぜん駄目な真ん中のない人達。今日に限っては「もうちょっと弾けて、久馬さん」という感想もある。

5月4日は待ちに待った「功夫ジョン」

東京初日のマチネーに行ってきた。

前回の「銀行のススメ」は後半が長かった。大どんでん返しからラストまでがもっちゃりしてしまい、前半の良さを濁して終わったというのが感想だったので、今回はどのようなものを見せてくれるのか、楽しみと緊張を半分ずつ抱えたまま、開演を迎える。

休憩(?)を入れて2時間以上の舞台、しかしそれを感じさせない面白味に溢れている。挽回。若干ネタバレしちゃいますが、なだぎさんが一人舞い踊り、後ろで出演者の名前とタイトルが出てくるあの演出。関西系の大手劇団は映像でやってるけど、プラン9の手にかかると愛おしいほどに体温を感じる演出に変わっています。すばらしい。ゲームの下りの演出も新しかったし、起承転結にドラマを感じる。それぞれのキャラクターも有効打。100%以上の化学反応を起こしていて、とても面白かったし、値段以上の価値がある舞台だと思いました。

帰り道、ゴエさん発見。

乗っていたバイクを留めた相方はいきなり「ゴエゴエ?!」と。おっさんに呼び止められたゴエさんの恐怖は如何ばかりか…と、慮るも笑顔で会釈を返してくれるナイスゴエ。思わず「今日、見に行きましたよ?」と、便乗してしまう。しかし更に会釈のナイスゴエ。相方はギド・ブッフバルトを見ても冷静に振舞えた男。それが「ゴエゴエ?!」とは、舞台がいかに素晴らしかったのかを物語る証拠であります。ちなみに私の人生の中で素晴らしかった対応の公人ベスト1はジーコさん、ベスト2は天龍さん。その次にゴエさんです。

中途半端ですいません。

Posted by315