GOD BLESS YOU

315

315



映画「THIS IS IT」を観てきました。

まだ観ていない人に伝えたい。

今週金曜日までの上映です。

行ける時間のある人は
是非観に行ってほしいと思います。
本当に素晴らしい映画です。
観るべき価値のある映画です。

映画が終わって、どこからともなく起こった拍手。
それは映画館を満たし、西郷もまた拍手を送りました。

とても自然なことでした。

この映画はドキュメンタリーであり、
マイケル・ジャクソンのライブでもあります。
叶わなかった最後のライブに臨む彼は
本当に幕が開く瞬間を信じて
真摯に真摯に、
そして本当に丁寧に、
ファンの姿が見えているかのよう、
心を込めて取り組んでいました。
どのような立場のスタッフにも
敬意を持って、言葉を選んで
仕事を進めるマイケルのやり方。
彼に影響されるかのよう、
彼のスタッフもまた同じように
お互いに敬意を払います。
それは学んでほしいアーティストの顔が
思い浮かぶほどの素晴らしい現場でした。
彼のキャリアの長さを
そしてその時の流れを
感じさせる象徴的な場面もあります。

マイケルは志半ばで死んでいった。

この映画を観ると、その事実が痛いぐらいに分かるのです。

最初は作品の特典映像ぐらいのつもりで
回していたカメラが
彼が本当に見せたかったものを
伝える最後の希望になっています。
この映画をただの楽屋裏と
揶揄するコメントも見ました。

違います。

これは上がることのなかった幕の内側。
マイケルが見せようとしていた全てを見せた映画です。
彼はアリガトウの代わりに「GOD BLESS YOU」と言っていました。

神の御加護を。

それは本当にライブを見せたかったファンに
一番伝えたかった言葉なのかもしれません。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply