これはいけない!審判、明らかにこれはアレですよ!!

315

315

中国代表のキャプテンです、李?峰選手は。
若い選手のお手本にならなきゃいけない立場の選手。

これは明らかにレッドカードでしょう?

啓太はボールを持った李選手をマークして、
彼の腕の辺りを押しているように見えました。
誤解を恐れずに言えば、この程度のことはよくあることです。
双方のチームで起こす駆け引きに過ぎません。

しかし先に報復行為に及んだのは李選手です。
啓太の腕をひっくり返すような形で
そのまま啓太の首にヒット、
そのまま押し込んだようにも見えました。

そこで啓太も李選手を押し返してやり合い。

審判は絶対この一連の流れを見ていたはず。

喧嘩両成敗なつもりの判定?



サッカーは審判に見えないところで、
袖を引っ張ったり、足を引っ掛けたり、
なんじゃかんじゃの強引な駆け引きが起こるスポーツ。

しかしそれを見つけて、
駆け引きの度合いを
正しく判断するのが審判なはず。

今回の判定で言えば「相手選手の首を締めるのは、出来るだけ止めてね…」
その程度の注意であり、絶対の意味を持たない。
審判は判断ミスをしていると思います。
つかみどころが悪ければ、失神してしまうかもしれません。
首を締めれば、一瞬であれ、息が止まります。
本当に許されざる行為、絶対にダメ!と、レッドを出してほしかったです。




これもイエローなんですか??????

納得がいきません。

日本代表も北朝鮮戦よりは良かった。
でもこういう試合だからこそ、
実力の差をまざまざと見せるべき。
やられたぶんは試合内容でやり返さないと!!
シュートも入れないと!!
惜しくはない、もっとやれてた。
この間よりも気合いも展開も良かったんだから。

勝ったから、まだ良かった。

感想はそんな感じ。





Posted by315

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply