EURO2008、西郷的開幕戦

315

315

EURO2008、西郷にとって、ある意味、本当の開幕戦。

SPAIN CONTRA RUSSIA!!

遅攻気味、サイドのセルヒオ・ラモスがぐっずぐず。
どうした!?セルヒオよ…と不安になるぐらい、
サイドを崩され、危ない場面もあったものの
サッカーの神様はスペイン代表に味方をしてくれたよう。
ロシアの19番は前に前に出てくる、
神様!と目を伏せた瞬間もあったけど、
ゴールポストに当たって、外れたり、
カッシーが止めてくれたりと
何度も急場を凌いで、結果。

4-1で勝利!



ビジャのハットトリック。

ボールが回り、正確に選手の足元で留まる。
それは強いチームの特徴だけれど、
スペイン代表はそれに加えて
攻撃に力を置いたチームなので面白い。
トーレスがスペースを作り、
ビジャにパスを出した1点目や
セスクの4点目の起点となったビジャのパス、繋いだシャビ。
決めたのはビジャだけど、
ビジャが決めるまでの過程にいた選手の功労も大きい。

とは言え、ビジャ、今大会初のハットトリック。

めでたい!!




わざわざトーレスに走り寄って抱きつくビジャ、
そして便乗する私のプジョたん。

報道のカメラマン達はきっとこう思ったに違いない。

プジョル、被ってる!トーレスとビジャに被ってる!

それほどまでにレアなこんなシーンを見ることができ、
ちょっと胸も熱かった。

しかしこのチーム。

最初のリーグはいいんだけど、
ベスト8であっさり負けるという有難くない実績もあり、
昨日だけの結果で舞い上がるわけには行きませぬ。
次節はこのリーグでの大一番vsスウェーデン。

まずは狙え!ベスト4!

今日は眠い。

各国サポーターの皆様も
きっと同じ思いをしているのでありましょう。
4年に1度の寝不足月間。

それさえも楽しむしかないでしょう、隠れてあくびをしながらも。
Posted by315

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply