FC2ブログ

燃え尽き症候群なれど、食いすぎ番長は弟のダレン夫婦を接待するのであった。

315

315

-
ユーロから帰国して、早1週間。

あれほどの熱い日々、経験をしたのだ。

さくっと現実に戻れるわけがない。

しかしユーロはすでに過去。
また来るはずの熱い日々を夢見て、
日常に戻らなければいけない。
今週末はそういう意味でも
十分に休みを取ろうと思っていたのだが、
西郷の妹が結婚し、その旦那、
つまり新しい家族となった
弟を連れて帰ってくるという。
OK!そういうことならば!
疲れた体に鞭を打っても、
愛する家族の為に頑張っちゃおうじゃない!!

新しい弟。

ダレン、日本名「打恋」とする。




オーストラリア出身のジャック・バウワー似。
包容力があり、照れ屋。
ボウリングが大好き。
日本語力はまだまだだけど、
ばかちんが!、ぶたちゃん、アニキなど
覚えたての日本語を駆使して
コミュニケーションを取ろうとする姿が
健気でかわいらしい。
西郷の英語力もたいしたことがないので、
ブロークンな言葉同士、歩み寄り、
イェァー、イェアー言いながら、
コミュニケーションは成立している様子。
気持ちでなんとかなるもんだ。
そんな妹のため、弟のため、
西郷と相方は週末はナビゲーターとしてがんばる。

浅草にて。
せんべいが焼ける具合に興味津々の打恋。




お台場にて。
大好きなボーリングに興じる打恋。




大涌谷にて。
飛び上がる打恋。




食事は西郷の料理や近所のレストランなどに行きつつ、
昨日、日曜日は大涌谷へ行くついでもあり
強羅花壇で食事をすることにした。





日本でも有数の美しさを誇る建造物、景色もよく、
明治、大正時代のモダンな色合いのある個室で食事ができる。





海外からのお客様には目にも舌にも楽しいはず。
そう思ってチョイスしたお店。

















最後まで、きっちりみんなで頂きまして。

打恋は軽いベジタリアンなので、
食べられないものもあったにゃあったが、
まぁそこは大人なんだし、
てめぇで気持の整理は付けとけよということで。
西郷と相方は出来る限りのおもてなしを頑張ったのである。

ただただ妹の幸せを願えばこそ。

これからも二人の末長い幸せを祈って。




バンザーイ!!
バンザーイ!!
バンザーイ!!