eenie,meenie,mynee,mo................

315

315

最近見た映画「ドラゴンキングダム」「テネイシャスD」を思い返して、思う。

私の思考は現実逃避を欲しがっている、と。
私にとって映画は食事と同じスタンス、
食べたいものでそのときの自分の状態が分かるかの如く、
見たい映画でそのとき自分が欲しいものが分かったりする。

春にして君を想うやストレイトストーリーのような映画が見たいとき。
今の自分にはまだまだ遠い静かな時間が欲しいとき。
運動靴と赤い金魚のような映画が見たいとき。
純粋に頑張ることを忘れているとき。
バーブワイヤーやバーバレラのような映画が見たいとき。
女(自分)のバカ力を信じたいとき。
ライフイズビューティフルやスモークのような映画が見たいとき。
本気で疲れているとき。
ナイトオンザプラネットや迷子の警察音楽隊のような映画が見たいとき。
人と共存することに疲れているとき。
トラック野郎や仁義なき戦いが見たいとき。
強制的にテンションを上げたいとき。
コメディ映画ばかりを探して見ているとき。
ひたすら何も考えたくないとき。

今年はいろいろある。

失敗できない。

かなり疲れているけど、乗り越えないといけない。

今はシンプルにものを考えられるように
最低限必要な自分の時間を確保したいとこ。

コメディ映画や冒険映画は
日常の煩雑さを忘れさせてくれるときがある。
誰かのやさしい言葉よりも温かな歌よりも
ひとつのギャグや面白い顔。
有難い偉人の言葉よりも
壮大な大地を行く冒険ひとつ。
ありえないシチュエーションに乗っかることで、
ひととき現実を忘れられる魔法がそこにあるような。

近いうちに「俺達ダンクシューター」をば。
11月には「トロピックサンダー」がいよいよ。

まだまだ笑いが欲しいのだ。

生きろ、西郷。
Posted by315

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply