ミョンドンで韓国コスメを買い漁る、メインは皺取り。

315

315



こんな屋台もある明洞。
言わば、原宿。
レスポサックのバッタモンを売っている屋台があり、
ハウマッチ?と聞いている人に、
14万ウォン、いや20万ウォンという手のひら返しの会話を聞く。
しっかりせねばと人の振り見て、我が振りなおす。



明洞コスメたち。
でも驚くのは、買ったものより。



おまけが多いこと。

おねえさん、キレイね!と、持ち上げてくれつつ、
おまけをボンボコ入れてくれる韓国ギャルに
ただひたすら頭が下がった。
ザ・プロ意識。
褒められ好きの西郷は天に昇ってしまう。
Posted by315

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply