食いすぎ番長、ハヌリ韓定食にて食い死にかける。

315

315



ハヌリ韓定食。

アックジョンというエリアにあるお店。
韓国に行くことになり、まず食べ物をリサーチした西郷。
韓国料理が大好きなので、らしいものをと考えたが、
いろいろ食べたい私…そこでたくさんの料理が並ぶ韓定食。
これを食べると決めたのである。
安いものだと5000ウォン(500円ちょっと)あたりから、
比較的お高めで40000ウォン(4000円ちょっと)。
まぁ今回はがんばって、お高めランクのこのお店をチョイス。
初めていく国で初めて食べるものなので、
雰囲気も良く、サービスも売りにしているここがよいと思ったのだ。

行けば用意されていたのは、豪華な個室。
料亭のようなスタイル。
愛想のよい店員さん。

食べる気満々でお店のおススメを頼む西郷。

ナメてた、韓定食の本気を。



背広の形に折られたナプキンがお出迎え。



おかゆ。



水キムチ、お汁も全部飲める。



クジョルパン。酢漬けの薄切り大根に具を乗せ、それをタレにつけて食べる。



サツマイモのヨーグルト和え。



青菜のサラダ。



糸こんにゃくのゴマ炒め。



ドングリのパジョン。



白身魚の揚げ和え。



チャプチェ。てんこもり。



ボッサムキムチ。てんこもり。



料理の名前は失念。野菜、魚、パジョンを小さく切ったものが入ったスープ。



茶碗も美しい。



メインの太刀魚の辛煮、ごはん、ミソチゲ、おつまみ3種。



甘酒、ノンアルコールでしょうが湯風。



フルーツ。

小皿まで合わせると、全19種類。
8皿目ぐらいまでは余裕で食べられたのだが、
9皿目、10皿目、11皿目…どんどんヤヴァイことに。
店員さんが「はい次のお料理です!」
もしかしてこれはストップ!って言わなきゃ終わらない方式!?
この料理達は永遠に出続けるのか…と、不安になるぐらい
西郷の胃は
破裂寸前の状態になる。
料理は野菜中心で味付けも上品。
辛い物もあるけれど、
刺激的な辛さではなく、うまみのある辛さ。
だから最後まで食べた、食べた、すんごく食べた。
しかしこのときほど、牛羨ましい…と思ったことはない。
自分の胃の限界に腹ただしさを覚える。
俺の胃、もっと入れ。



料理を堪能しつくし、
日本語を勉強しているという
担当してくれた店員さんに支払い。
お土産も頂き、ご機嫌のまま、東大門へ向かった。

おいしいものを食べて、胃拡張になるなら、それもいい。

そんなことを思いながら。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply