フ ン ガ ー !!

315

315

この1年、日本代表、アンダー、オリンピック…
開催された試合の9割、私はため息をつき、画面に向かって毒づいた。
勢いあまって、このブログに怒りをぶちまけようとするも毎度毎度草稿で辞める。
自分で書いておきながらおかしな話だれけど、
書いたものを読み返すと余りにも罵詈雑言がすぎるのだ。
苛ついているからと言って、書き汚しのような様は避けたい、
でも試合のたびにおなかの底から湧きあがってくる
もどかしさや怒りをどこへやればよいのか。

癒しはなでしこの試合だけだったような気がするぐらい、
手ごたえのある試合は少なかった。

今の日本代表がかろうじてワールドカップに出られることになっても、
ドルトムントの悲劇が再来するだけ、出てくれるな。
岡ちゃんの言うように「絶望的な状況」では確かにない、
でも「希望的観測」を持てるほどの要素もまだ見つけられない。
決定力不足はもう日本の専売特許のような言葉になりつつあり、
裏からの飛び出し、ロングボールなど
オシムジャパンで少しずつ見え始めていた芽は
踏まれて潰されでもしたかのように、
小さく小さくまとまろうとしている代表の姿に苛立つ。
岡ちゃんの戦術が日本人の気質にハマりすぎているのだろうか。
型に拘り、応用が利かない。
ボールは小さく多く動くようになったけれど、
ボールと同じく選手もあたふたしているように見えてならない。
いい動きをしている選手がいても、
いい動きをしていない選手がその仕事を壊している。
組織的な動きは一つのことがすべてに影響してくる。
苛立つし、心配だし、選手のお尻を叩きたい。

今日に関して言えば、
俊輔が嘉人にパスを出し、蹴り、
押し込んだ玉の得点は良かった。

それだけ。

倦怠期とはこういう感情のことを言うのかしら。
そんな脱力感で日本代表を見ている。
長い付き合いの中ではこういう時期もあるのだろうか。
そう思うようにもしている。

うちの代表よ、出会ったころのトキメキをもう一度想い出させて。

PS…I LOVE YOU…

いやいや、もとい。

やっぱ好っきゃねん、代表。
やっぱ好っきゃねぇぇ~ん。

Posted by315

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply