サプラ~イズ

315

315

西郷、東京ドームシティはJCBホール前に立つ。



このような経験は子供のころにお祭りで見たゼンジー北京以来。
いや、ゼンジー北京とこの男を一緒にしては双方に失礼か。



その男、セロにつき。

西郷はセロが見たかった。

つい最近までちゃんと見たことが無く、
むしろ木村拓哉のゼロで認識していたぐらいのもの。
しかし一番最近放送されたセロの特別番組を見て、
おぼこのようにピュア度満点でおったまげ、
これを目の前で見てみたい!とピュア度満点に願った。
そして東京公演があると聞きつけた西郷は、
これは好機☆とやってきたのだ。



座席はかなりうしろ。

人気なのね、女子率高し。

貼り付きで見たかったので、かなり残念。
あのトリックはどうなっているのか!?そう思うのが西郷だし、
どうせなら見破ってみたい!と思うのも西郷なのだ。
とは言え、後ろまで見えるように大きなモニターを3台用意し、
ステージの装置もなかなかにいいものを使用しているので、
見はぐれることはなかろうとワクワク、ドキドキ!

ステージ開始。

2部構成で内容はたっぷり。

ツアー中なので詳細は省くとして、ひとつだけ。
絵からハンバーガーを出すマジックをやったんだけど、
客席から360度見えている状況で、
やっぱりハンバーガーを出した。
そしてお客さんにあげた。
そしてお客さんはその場で食べた!

美味しい!!とな!!

これやっぱり生で見ると面白い。

最後の最後に、お客さん全員を演者にしたマジック。

これにはヤラれた!

あんた本物だよ。

そうセロに言い残し、次回の公演も見に行こうと胸に決めた私なのであります。



セロ「シェイクハンドしようぜ!!」

そう言っているかどうかは定かじゃないが、まぁそんなような意図のもの。

繰り広げられたセロのマジックにすっかり興奮し、
やる気満々になった西郷はさらにやる気満々になるため、
和田平でひつまぶしを食べて帰りましたとさ。

うなぎの照りもサプラ~イズ♪



丼でもお茶漬けでも美味しい。



楽し美味しの夜に、サプラ~イズ。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply