FC2ブログ

toco a pocco

ワールドカップ便りFinal ~また逢う日まで~

1時間ほどかけて書いた日記が消失にて撃沈す。 試合後、泣きっ面の私が大盛り上がりの電車に入ると輪の中にいたおっちゃんと目が合う。私の泣きっ面に気がついたおっちゃんは慌てて「ほれラバーブレスあげるよ、ユニフォームも帽子もあげるよ!」と懸命に慰めてくれるのだ。仲間のブラジル人の人達も不甲斐なかった日本代表に健闘の拍手をくれ、「ジーコだけとはやりたくなかったよ…」と多勢に2名の日本人のために優しい言葉をか...

万感の想いを胸に

ジーコジャパンにはベタでこの4年間貼りついて、いいときもわるいときも見てきた。彼らが駄目なチームだと槍玉にあがっている時もそれは人それぞれの意見と聞き流し、私は私らしく冷静に彼らを見続けてきたつもりだ。明日もし世の中の日本代表サポーターが望むような試合結果にならずとも、試合内容さえ良ければもうチャラにしてもいい。今までの試合で足りなかった死ぬ気の潔さを見せて、討ち死にするならそれでもいい。追い込ま...

ワールドカップ便り №7 ~サッカー馬鹿の祭典~

ケルンへ。 ケルンはボンでキャンプを張っている我が代表の練習を見るために一日入れた素泊まりタウン。しかし駅に着くとドイツに来てから一番の人手で賑わい盛り上がりまくっている。試合以外にこんなたくさんの人が集まっているのを見たのは初めて。赤と黄色のユニフォームに加え、多国籍軍が混じり、テンションはめちゃくちゃ。人生初めての経験になんだこりゃ?と混乱するも、すぐにそれは今日の大一番「イングランドVSスウ...

ワールドカップ便り №6 ~ジャングルクルーズ、そして嵐、吹き荒れる~

ミュンヘンから旅立ち、グンツェンハウゼンという村に降り立つ。 ガイドブックに情報がなく、ネット検索でも数件しかヒットせず。FIFAの公式ホテルだったので不安はなかったが、ホテルのHPにレクリエーションは馬や自転車、観光ならば湖と書いてある。 もしかして…?と予感はあった。 そして予感は見事にビンゴ。   駅の観光案内、人、いねぇ! 駅にキオスク、ねぇ!! タクシー、1台、ぽつん… 人はまばら。 馬と鴨が道路を闊...

ワールドカップ便り №5 ~ちんこ的なものに出逢った日、ありがとうミュンヘン~

ミュンヘン最後の日。 昨晩のスウェーデンVSパラグアイの試合結果に複雑な思いを抱きながらも、やっぱりロケ・サンタクルスは男前だということを噛み締めている。サンタクルスと言えば、ミュンヘン。あ!そうだ!そうだ!忘れちゃいけねぇ!とバイエルンのオフィシャルショップへまずは出向く。目当てはサンタクルスのユニフォームだ。日本では知る人ぞ知る選手だけにここで買わねばと店を探索していると、チェルシーへ移籍の決...